04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

多様体入門 part7 

 

多様体入門7.png

参考書とは「多様体入門(松島与三著)」のことです。

今回の中で定義6.1だけは覚えてもらいたいのですが、定義覚えて使えないと意味がないので
次回の具体例で感じがつかめれば良いです。まあ次回やる具体例の一般的な場合についてと
いう感じで。

そうそう、一回分の講座を読むのにかかる時間の目安は大体15~30分くらいです。

個人差もあると思いますが10分程度で書いてある内容が殆どわかればかなり速い方だと思います。

もし抽象論でわからない場合は具体例で感じをつかんでから読むとスムーズに読める場合が多いので
ほっといていいです。




しかし、うーん。制作時間の中でもイラストに大部分の時間を食われていますw

あった方が便利?過去のものを下にまとめました。

1.多様体とは?
2.多様体の例(その1)
3.多様体の例(その2)
4.可微分写像の導入
5.可微分関数
6.可微分関数(その2)
7.微分同型写像
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

 

go page top

 

コメント投稿

 

Secret

go page top

 

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://magicks.blog117.fc2.com/tb.php/124-cc200edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。