07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

能力、価値観 

 

無力

頭の強い子弱い子はいないと主張する人がいたら、どれくらい結果が出せるかはやる気の問題のはず。

その一方、何かすごいことを実際に成し遂げた人と同じことが出来るかとその人に聞くと無理だと言われる。

結局その人の詭弁じゃん。

先天的な能力が平等なら努力が足りない。平等じゃないならそこは欠陥がある。皆さんはどちらがいいですか?一応言いますが欠陥っていうのは上手い言い訳ですよね。




`普通`に埋もれる価値観

例えば、自分がある理想を求めていたとして、周りに同じ理想をもつ人がいなかったとする。

その場合、自分を見失わないのは難しい。つまり、自分の理想が下がったり、せっかく出来たその人独自の価値観が普通のものになってしまう可能性がある。

この時、たまたま偶然同じ理想を目指している人に出会ったらその人は幸運である。二人の価値観は類似していて安心するところがいくらでも出てくる。

普通とは違う価値観ももう気にならないだろう。もはや他人に抜かれることはない。
スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

 

go page top

 

コメント投稿

 

Secret

go page top

 

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://magicks.blog117.fc2.com/tb.php/104-4b442961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。