01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

 

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --  -  cm: --
go page top

 

多様体入門 part12 

 

多様体入門12.png

実は定義する時にしっかり正当化していないので鋭い人は逆に混乱するかもです。

とりあえず今回おさえておくことは写像の微分が接ベクトルを移すものらしいということだけ十分です。

しばらく抽象論が続いています。次回乗り切ればその後は具体的な計算が出来るので気持ちいいと思います!

・・・って気持ちいいって何でしょうねw

ではでは、また次回~

<過去のもの>
1.多様体とは?
2.多様体の例(その1)
3.多様体の例(その2)
4.可微分写像の導入
5.可微分関数
6.可微分関数(その2)
7.微分同型写像
8.可微分写像の例
9.接ベクトルの導入
10.接ベクトル空間
11.接ベクトル空間とその基底
12.写像の微分

スポンサーサイト
tb: 0  -  cm: 0
go page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。